ヤギの落とし物

これは10月のおはなし~
ヤギの落とし物よ~


広島県の警察署に
珍しい落とし物の届け出があった。
珍しい落とし物があったのは広島県の竹原警察署。
2017年10月5日午前7時頃、
「ヤギが徘徊(はいかい)している」と
付近の住民から通報があった。
警察官が駆けつけたところ、
道路を歩いている1匹のヤギを発見。
3人がかりで捕まえて署に連れて帰り、
「落とし物」として保護した。
竹原警察署会計課・水野翔太主事は
「犬は扱ったことはあるが
ヤギは初めてでビックリした。
犬小屋に入れようとしたけど入りきらなかった」

ヤギは体長1メートル20センチほど。
警察署には動物用の檻はあるが、
さすがにヤギは入らず、
駐車場につないだという。
警察署に連れてこられたヤギは
とてもおとなしくしていたとか。
保護されてまもなく
飼い主の男性が迎えに来て、
ヤギは無事に帰っていったという。

日テレニュースより

馬之助の感想

このニュースで気になったのが
ヤギが
「落とし物」扱いであること。

殺されても
器物損壊とかになるんでしょ?

生きているのにモノ扱ってのが
気に入らないわ。

飼い主がすぐ迎えにきてよかった。
それにしてもなんで徘徊してたのよ?
管理不足でない?
しっかり管理しなきゃ
人にケガさせたらもちろん大事だし、
ヤギも生きてはいられないことになるわ。

飼い主は肝に銘じてちょうだいよよ。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク