蜂駆除で家がまる焼け

6日午後6時50分ごろ、
長野県千曲市八幡にある
歴史的な神主屋敷「松田館(やかた)」から出火、
約3時間半後に鎮火したが、
県宝に指定されている主屋(おもや)と斎館のほか、
新座敷、料理の間、味噌(みそ)蔵の計5棟、
延べ550平方メートルが全焼した。

千曲署などによると、
市教育委員会から依頼を受けた男性(67)が
出火当時、火を使って
スズメバチの巣の除去作業をしていた。

スズメバチ

男性は

「ハチの巣を駆除するために
火を使っていたら引火した」

と話しており、署は
この火が出火原因とみて調べている。


馬之助の感想

以前にも同じような火災があったわよ。
業者が依頼を受けて作業していて
火災になってみんなで逃げて
家がまる焼けになったってニュース。
以前のブログに書いたんだけど、
残しておけばよかったわね~

燃えた松田家住宅は
武水別神社の神主の住居で、
主屋は一七九一年以前に建てられ、
その後に増築された
歴史的建造物だったのよ。

千曲市は二〇〇五年度から
約五億円を投じて整備を進めて、
補修が終わった主屋と新座敷を
三月に期間限定で公開しており、
2018年度には整備を終えて
全面公開する計画だったというのだから
大変なことなのよ。

松田家の古文書などの史料は
別の収蔵庫に保管されて、無事だったらしく
不幸中の幸いだっただろうけど
スズメバチ駆除業者は
これほどの歴史的建造物を
燃やしてしまって、
保障のしようがないわよ。

「スズメバチ駆除は
家を全焼させる可能性があり。
家が燃えても文句を言いません」

という一筆を
作業前に書いてもらわなきゃ
ならないわよ。
そうなったら、
誰も依頼しないと思うわ・・・
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク