元アメリカ大統領ブッシュパパに寄り添う介助犬「サリー」

ワシントン(CNN)
11月30日に死去した
ジョージ・H・W・ブッシュ元米大統領の介助犬
「サリー・H・W・ブッシュ」が、
ブッシュ氏の棺に付き添って、
首都ワシントン行きの専用機に搭乗する。
関係者が明らかにした。



ブッシュ家広報のジム・マグラス氏は2日、
ブッシュ氏の棺に寄り添うサリーの写真をツイッターに投稿し、
「ミッション・コンプリート(任務完了)」の言葉を添えた。

Mission complete

サリーの名は、2009年に
エンジン停止した旅客機をハドソン川に着水させて
乗客乗員155人を救った「サリー」こと
チェスリー・サレンバーガー機長(当時)にちなむ。

息子のジョージ・W・ブッシュ元大統領は
インスタグラムへの投稿で、
サリーはウォルター・リード陸軍医療センターに派遣され、
退役軍人を助ける任務に戻る予定だと報告し、

「私たち家族はこの犬がいなくなることを
寂しく思うと同時に、
父にくれたのと同じ喜びを、
ウォルター・リードという新しい家にも
たらしてくれると知って安堵(あんど)している」
とコメントした。

サリーは退役軍人支援の慈善団体によって
高度な訓練を受けたラブラドル犬で、
かかってきた電話への応対や、
物を取って来るなど多くの指示をこなすことができる。

インスタグラムの専用アカウントは
大勢のユーザーにフォローされていた。

同団体は退役軍人や障害を持つ救急隊員などに
介助犬を提供している。
サリーは今年夏、
妻のバーバラさんを亡くしたブッシュ氏を
介助するために派遣されていた。

馬之助の感想

介助犬だけでなく、盲導犬に聴導犬などの
お仕事犬のいじらしさには涙が出るわ。

ブッシュパパの棺の前の写真だけでも
涙出るわ。

ブッシュパパは人生の最後を
介助犬を暮らせて幸せだったし
この介助犬も幸せだったと思うわ。

盲導犬や介助犬を虐待する
信じられない利用者もいるのよ。

犬ほどいじらしくて
人に尽くしてくれる生き物は他にないわ。

ブッシュパパのご冥福を祈りつつ
介助犬の今後の幸せを願います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク