25日午後2時半ごろ、
岐阜市上川手の名鉄名古屋線の踏切で、
犬の散歩中だった大学准教授羽賀新世さん(52)
=同市上川手=が
須ケ口発名鉄岐阜行き普通電車(2両編成)にはねられ、
頭などを強く打って死亡した。



岐阜南署によると、
羽賀さんは遮断機が下りた踏切内に
入り込んだ犬を連れ戻そうとしていた。

犬の散歩中だった男性がはねられた名鉄名古屋線の踏切=25日午後7時35分ごろ、岐阜市

運転士が犬のリードを
引っ張っている羽賀さんに気付き、
急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。
犬も死んだ。
乗客4人と乗員2人にけがはなかった。
犬は体長約1mで首輪もついていた。
羽賀さんはリードを引っ張っても
犬が踏切から出てこないため、
抱えて連れ出そうとしたとみられる。

馬之助の感想

ホント、気の毒な事故ね。
亡くなった羽賀新世さんは岐阜薬科大学の
準教授だったようだわ。
体長1メートルってことは
かなり大きいのかしらね。
犬は踏切が怖くて
動けなくなったのかしら?
いつもと違う散歩道だったのかしら?
やはり普段からの犬の訓練がこういう
非常時には大切なのよ。
どんなときもご主人様の指示に従う、
ご主人様の指示に従えば安全なのだと
教え込む必要があるのよ。
立派な大学の先生が
こんな事で亡くなるなんて・・・
とも思うけど
犬は家族だからね・・・
踏切がなくなり全て、高架になったら
安全なのにといつも思うわ。
ご冥福をお祈りします。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク