東山動物園のコアラ「マックス」

名古屋市東山動植物園は17日、
雄のコアラ「マックス」(4歳)が
同日未明に死んだと発表した。

心疾患に伴う
循環不全が原因とみられる。

同園では9日にも
雄の「ピース」(6歳)が
死んだばかり。

園内のコアラは
これで7頭となり、
性別未判明の子どもを除くと、
雄は1頭だけになった。
毎日新聞より



マックスは11月下旬から
激しい呼吸をするようになり、
同26日から展示を中止。

隔離室で治療を続けたが、
16日はほとんど食べず、
17日午前8時ごろ、
出勤した職員が地面に
倒れて動かなくなっているのを
見つけたという。

人間の年齢でいうと20代くらい。
今年3月にオーストラリアの
タロンガ動物園から寄贈され、
4月に雌の「ホリー」との間に子を
もうけたばかりだった。

活発な性格で、
繁殖に期待がかかっていた。

同園は「ほかのコアラに異常はない。

ピースとは原因が異なるが、
死が続く結果となり残念」と落胆している。
【岡村恵子】

馬之助の感想

立て続けに死んでるのね、コアラが。
死因が違って、
他のコアラに異常がないのが
せめてもの救い。

まだ若かったのに、かわいそうだわ。
今年3月にオーストラリアから
来たばかりだったのね・・・

上野のパンダばかりに
注目が集まるけど
確かにパンダは超絶にかわいいけど
コアラもかわいい・・
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク