敬老の日はとっくに過ぎたけど~
日本にはご長寿の動物たちが元気に
暮らしているからその一部を掲載~



王子動物園パンダの「旦旦」23歳

ご長寿パンダ王子動物園

23歳の誕生日を迎えた神戸市立王子動物園(灘区)のジャイアントパンダ「旦旦」に16日、氷の誕生日ケーキが贈られた。旦旦は1995年9月16日に中国で生まれ、2000年に同園に迎えられた。屋内展示場に運び込まれたケーキには、好物のニンジンやリンゴのほか、飼育員が「一文字ずつ日頃の感謝を込めた」というペースト状のイモでかたどった「23」や「旦旦」の文字が並んだ。
ゆったりとした足取りでケーキに歩み寄る旦旦。鼻を近づけ大好物のニンジンを見つけると、口を大きく開けて「ガブッ」と食いついた。
訪れた人たちの声援を受けながら、心のこもったケーキを味わっていた。

ホッキョクグマキャンディ25歳

ご長寿ホッキョクグマ

敬老の日の17日、札幌市円山動物園(中央区)で、4頭のホッキョクグマのうち最年長25歳の雌の「キャンディ」に、長寿を祝う特製ケーキがプレゼントされた。同区内のセンチュリーロイヤルホテルの金子厚総調理長(56)のお手製。
主食の馬肉10キロを3段重ねにし、スイカや白菜、ブルーベリーなどで色鮮やかに飾り付けた。動物園で飼育されるホッキョクグマは、20歳を超えるとお年寄りだ。キャンディはゆっくりとケーキを堪能。飼育専門員の清水道晃さん(39)は「丸のみする子もいる中で、キャンディはいつもよくかんで食べます」。長生きの秘訣(ひけつ)は、人間も動物もいっしょ。

ご長寿カバのカポ、人間なら90歳

ご長寿のカバ

宮城・仙台市太白区の八木山動物公園では、人間の年齢にすると90歳になるカバの長寿を祝い、特別なケーキが贈られた。八木山動物公園では、毎年、「敬老の日」に高齢の動物の長寿を祝っていて、2018年は、メスのカバ「カポ」に、特製のおからケーキがプレゼントされた。2018年で46歳になる「カポ」は、人間の年齢に例えるとおよそ90歳に相当し、国内で飼育されているカバの中では、2番目に長生きしている。仙台放送

馬之助の感想

象は野生で暮らすより動物園のほうが短命だとか
読んだことがあるけど、それなりに長生きして
動物園で生まれた子は世界とは
こんなものだと思っているから
最小限のストレスで、しかも
食料に困ることはないので
長生きできるのかも。

でも上には上がある・・・

ニシオンデンザメha400年近く生きる

北大西洋に生息する大型のサメ、ニシオンデンザメは
400年近く生きるらしいヮ。

「大人」になるのに150年以上かかるらしくて
それは、メスが成熟して子孫を残すには
150年は必要であることを意味していて、
近年、ニシオンデンザメは急激に減少しているらしい。
成熟するまで長い時間がかかったら、
成熟するまでにアクシデントで死ぬかもしれないし
これだけ地球環境が激変してたら
適応できずに淘汰されるのも多いだろうから・・・・

ニシオンデンザメ

ともかく数が急激に減っているということだから
長寿もほどほどがいいと思う。

ただしパンダや犬猫など
動物はかわいいから長生きOK。

たとえ寝たきりになっても心は
かわいいままだから。

人間に関しては
平均寿命よりちょっと長生きくらいが
一番めでたいってことよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク