ピューマ

(CNN) 米コロラド州で、トレイルランナーの男性が野生のピューマに襲われて重傷を負った。男性は命がけでピューマを振りほどき、素手で首を絞めて殺したと話している。コロラド州公園野生生物局が5日に明らかにした。



同局によると、男性は4日、1人でトレイルを走っていた際に物音を聞いて振り返ったところ、1頭のピューマが襲いかかってきた。男性はピューマに顔と手首を噛まれながらも、自分の命を守るために絞殺したという。検視の結果、ピューマが窒息死していたことが確認された。生後1年未満で体重は約36キロ。狂犬病検査の結果は陰性だった。

男性は重傷を負って病院に運ばれ、手当てを受けて退院した。
現場のトレイルにはほかにもピューマがいる形跡があったことから、5日から一般の立ち入りが禁止された。レンジャーらが8日に安全性を検証する。

公園野生生物局の担当官は、「コロラド州でピューマに襲われることは滅多にない。運悪く、ピューマの狩猟本能がランナーによって刺激された」と話している。

北米でピューマに襲われて死亡した人は、この100年あまりの間で20人に満たない。
コロラド州では1990年以来、ピューマに襲われて3人が死亡、16人が負傷している。公園野生生物局によれば、ピューマには人を避ける習性がある。コロラド州のポリス知事はフェイスブックへの投稿で、たとえピューマに遭遇しても、できる限り近付かず、可能であればゆっくりと後ずさりするよう促している。

馬之助の感想

トレイルランナーって知らなかったから調べてみたのよ。

トレイルランニング
陸上競技の中長距離走の一種で、舗装路以外の山野を走るものをさす。トレランやトレイルランと略される。山岳レースとも呼ばれる。 “

山岳コースを走っているとはいえ、ピューマが出てくるとは!最初このニュースを見たとき、アフリカの出来事かと思ったのよ。野生動物に襲われるなんてアメリカではないと思ってたから。

シートンのオオカミ王ロボはコロラド州のお話で、今でもあり得ることだったんだわ。

怖ろしい!

それにしても1人でトレイルを走っていた男性の怪力には驚かされるわ。普段から体を鍛えていたら、ピューマを絞め殺せるの?

記事の中でさらに怖ろしいと思ったのがここの部分。

”ピューマは生後1年未満で体重は約36キロ。狂犬病検査の結果は陰性だった。”

アメリカは未だに狂犬病を撲滅できてなくて野生動物の中には感染しているのがいるのよね。なんでまず犬の予防接種を徹底しないのかしら?まずそれから初めて、数十年かかってやっと狂犬病がなくなっていくんじゃない?アメリカは先進国なのに遅れているわね~

この大けがをした男性は今後も山岳地帯を走るのかしら?男性が元気になることを祈りつつ、、男性の今後を知りたい~
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク