フィリピンで犬を助けた女性狂犬病で死亡

【AFP=時事】休暇で訪れていたフィリピンで、24歳のノルウェー人女性が助けた子犬にかまれ、狂犬病により今週亡くなった。遺族が9日夜に明らかにした。

ノルウェーの病院に勤務していたビルギッタ・カレスタッド(Birgitte Kallestad)さんは2月、友人たちと休暇で訪れていたフィリピンでオートバイに乗っていた際、道端で「寄る辺のない」子犬を発見。

カレスタッドさんの遺族は9日、「ビルギッタは子犬をかごの中に入れて連れ帰った。体を洗ってあげ、世話をすると、うれしいことに子犬は回復し始めた。滞在先のリゾート施設の庭で子犬と一緒に遊んでいた」と説明。

「その後しばらくすると、子犬は他の子犬がそうするように、ビルギッタたちをかもうとし始め、一緒に遊んでいる最中に彼女たちの指をかんだ」と述べた。

カレスタッドさんは帰国後、体調を崩し、自身が勤める病院で集中治療を受けた。だが6日夜、この病院でカレスタッドさんは息を引き取ったという。

遺族によると、カレスタッドさんと友人らのグループは誰も狂犬病の予防ワクチンを接種していなかった。

遺族はまた「私たちの愛するビルギッタは動物が大好きだった。私たちが恐れていることは、ビルギッタのような優しい心を持つ人に、こうしたことが起こり得ることだ」と話している。

ノルウェー公衆衛生研究所(Norwegian Institute of Public Health)によるとノルウェー本国で人間が狂犬病に感染した最後の記録は1815年にさかのぼり、動物への感染例は1826年が最後だという。世界保健機関(WHO)によると、世界中で少なくとも毎年5万9000人が狂犬病で死亡しているという。
【翻訳編集】AFPBB News



馬之助の感想

痛ましい出来事だわ。ノルウェーは狂犬病清浄国なのね。だからよその国ではいまだに狂犬病があるという意識がなかったんだと思うわ。あたしも若かった時、香港旅行でかわいい犬と出会って、犬と一緒に写真撮影したことがあったけど、たまたま咬まれなかったので、あたしは感染しなかった。

外国に行くときは狂犬病のワクチンを打っていくって思いもしないけど、狂犬病のある国にいくなら必要なのかも。そして決して犬に触らないこと。近寄らないこと。かわいいからつい触りたくなるけど、世界には狂犬病を撲滅できていない不潔な国がまだまだあるのよ。

亡くなられたビルギッタ・カレスタッド(Birgitte Kallestad)のご冥福を心から祈るわ。彼女の死を無駄にしないために、旅行者に注意喚起をしてほしいわ。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク