アドベンチャーワールドで生まれたライオンの赤ちゃん
和歌山県白浜町の動物園、
水族館、遊園地が一体になったテーマパークで、
ジャイアントパンダなどの飼育・展示で知られる
和歌山県白浜町の
「アドベンチャーワールド」は26日、
ライオンの赤ちゃんが3頭誕生したと発表した。
アドベンチャーワールドで
ライオンの赤ちゃんが生まれるのは
3年ぶりだという。


馬之助の感想

ライオンの赤ちゃんが3頭も生まれた、
という、言い方の報道があったけど
ライオンの赤ちゃんは普通
3頭生まれるものなのよね。

サバンナではそのうち弱い子が死に、
強い子だけが生き残る
自然淘汰の世界なのよね。

ライオンも数を減らして
絶滅危惧種なのよ。

人間とゴキブリだけよ。
沸くように増え続けているのは。

特に先進国では人口減少傾向なのに
増えなくていい国で
人口が増え続けているからね。
しかも、そういうお国は
きっちりと国勢調査をしていないから
実際のところ、人口がどれくらいか
把握してないのよね。

人間による、乱獲や、無慈悲な殺害、
環境変化などで
象もキリンもライオンも
動物園にしかいない時代が
いつか来るかも。

人間もいつまでも繁栄すると思って
思いあがっていたら
野生動物のように徐々にではなく
一瞬で消える時が来るわよ。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク