兵庫県警伊丹署は30日、
伊丹市荻野の若松公園で、
近所の小学5年生の男児(10)が
強い毒を持つヤマカガシとみられるヘビ
(体長約60センチ)に右手首をかまれ、
一時意識不明の重体になったと発表した。
血清を投与され、快方に向かっているという。



同署によると、男児は29日午後6時頃、
友人と2人で遊んでいる最中にかまれた。
帰宅後、出血が止まらず
頭痛がひどくなったため、
同8時過ぎに救急搬送された。
その後、意識不明となったが、
30日に回復したという。
ヘビは友人が捕まえ、
リュックに入れて男児の母親に渡した。
30日朝、母親が同署に通報した。
読売新聞

馬之助の感想

ヤマカガシという猛毒を持つヘビですって。
読売新聞の記事には生々しい
ヘビの写真が掲載されていたけど
気持ち悪いからイラストを
ネットで拝借して使用するわ。

へび

一緒に遊んでいた友人が
ヘビを捕まえてリュックに入れて、
咬まれた子のお母さんに渡したんですって。
すごいわ!
あたしはのまず、
ヘビを捕まえることは不可能だし
リュックに入ったヘビを受け取った
お母さんもすごいわ。
それは29日のことね。
意識不明にの重体だったから
警察に連絡する余裕がなかったのか
30日に警察に通報したそうだけど
(病院がしたのかも)
その間、ヘビはずっとリュックに
入ったままだったの?

通報を受けて警察官は
リュックの中のヘビを
取り出したのよね?

ヘビに咬まれた男の子は
無事、助かったからよかったけど
ヘビを捕獲した友人お男の子も
それを受け取ったお母さんも
ヘビを確認した警察官も
みんな、えらい!

あたしには絶対にできない。

捕獲されたヘビはどうなるのかしら?
ヘビに対して動物愛護精神は
全く持ち合わせてないので
沸騰した湯にぶち込んで
苦しめて殺してしまってほしいわ。

山や自然に返すなんてこと、
絶対にしないで。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク