クジラの死体から計40キロのプラスチック袋

3月初めにフィリピンに打ち上げられたクジラの死体から、重さ計40キロにもなる大量のプラスチック袋が見つかった。地元の自然科学博物館が16日、明らかにした。

若いオスのアカボウクジラは死体となって、フィリピン南部ミンダナオ島ダヴァオの東に打ち上げられた。
16日に死体を回収したディボーン収集博物館の研究者によると、「クジラの体内にこれほど大量のプラスチックを見つけるのは初めて」だとフェイスブックに書いた。

クジラの胃の中には「大量のプラスチック袋」や米袋16枚などが入っていたという。



馬之助の感想

海に大量のプラスティックごみが浮遊しているということなんだわ。クジラはひらひらとしたプラスティックゴミをクラゲと間違えて飲み込んでしまうのよね。いったい誰が海にゴミを投棄しているのか?

シーシェパードはこれについて文句を言わないの?日本の捕鯨を批判しているけど、クジラがプラスティックごみを飲み込んで餓死していることに対し、今のところ、プラスティック業界に文句を表明はしてないでしょ?

プラスティック製品を作っても、海に捨てなければこんなことにはならないと思うのだけど。

シーシェパードがプラスティック業界や不法投棄を取り締まるならわかるけど、単に日本を叩きたいからクジラを利用しているだけに見えちゃうわ。

クジラ、かわいそう。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク