ヒョウの赤ちゃんを「養子」にした雌ライオン

【1月5日 AFP】インド西部グジャラート(Gujarat)州ギル国立公園(Gir National Park)で、雌のインドライオンがわが子と共にヒョウの赤ちゃんを「養子」として育てている。
インドの森林局によると、ヒョウの赤ちゃんは生後2か月。母親とはぐれ、この雌ライオンに拾われたという。

この貴重な場面を記録した当局者は、「通常ライオンは将来の獲物の奪い合いを避けるため、他の野生ネコ科動物の赤ちゃんを殺すものだが、この雌ライオンはヒョウの赤ちゃんに生後3か月のわが子と同じように乳を与え、雄ライオンをはじめとする他の捕食動物から守ってさえもいる」と述べた。(c)AFP



馬之助の感想

雌は、ライオンだけでなく迷い子を育てる例があり
母性本能が種類の違う動物にも愛情を持たせるんだわね。

自分の子を殴ったり虐待して殺してしまう人間の親に、
このニュースを見てもらいたいわ。

動物のほうがずっと愛情深い・・・
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク