千葉県でキュンが大繁殖
千葉県内の勝浦市にあった
観光施設「行川アイランド」から
逃げ出したと考えられている
本来は中国南東部や台湾に分布する
シカ科の小型草食獣キョンが
千葉県内で大繁殖し
農業被害が深刻な問題になっている。



定外来生物「キョン」の根絶へ向けて、
県環境審議会鳥獣部会の小委員会は
本年度の防除実施方針を了承、
これまで生態が分からず
効果的な防除方法を模索してきたが、
今回新たに、GPS発信器を活用し
生態解明を目指す。
千葉日報参考

馬之助の感想

繁殖力が強く、捕獲した雌を調べると、
0~1歳の幼獣でも3~6割が妊娠。
繁殖拡大を食い止めるには
雌の捕獲が急務だが、
警戒心の強い雌は捕獲しにくく、
生態解明が急務だった。

外来種は繁殖能力が半端でなく
日本古来の種を絶滅の追い込むから
恐ろしいわ。

06年度の約3400頭から
14倍以上に急増しているらしいわよ。

行川アイランド(なめがわアイランド)は、
千葉県勝浦市浜行川にあった
動・植物園を中心としたレジャー施設で、
今はもう廃園になっているらしいわ。

関東住みの人にはなじみがあっても
それ以外の人は
聞いたこともないレジャーランドね。
そこから一部のキョンが逃げ出して
大繁殖し、農作物を荒らしているのよ。

農作物を荒らすだけでなく
出くわしてしまったら
人を襲う危険性もあるし
かわいそうだけど、
駆除するしかないわね。

行川アイランドの動物の管理の甘さが
この事態を引き起こし
無用な殺生をしなくてはならなくなり
許せないわね。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク