キツネの駅長

JR東日本仙台支社が31日、宮城県白石市の東北新幹線白石蔵王駅でキツネを「観光駅長」に任命する式典が開かれた。同駅近くのキツネと触れ合える施設「蔵王キツネ村」があることにちなんだ企画で、国内外からの観光客を誘致する狙いもある。



JR東日本などによると、任命されたのは同施設のゴロくん。推定12歳の雄で、人間の60歳くらいに相当する。同社管内でキツネが「駅長」になるのは初めて。体調を見ながら、6月26日まで毎週水曜日の午前中に改札口に立つ予定。式典では、小野昭一駅長から委嘱状とともに専用の帽子が渡された。

馬之助の感想

駅長に就任したキツネのゴロくんの好物はネズミだそうよ。

FNNニュースで言ってたわよ。

う~ん、さすがキツネね。キツネにはエキノコックス症という病気があって、人獣共通感染症だから、キツネはちょっと苦手~。

ブラック・ジャック
手塚治虫の漫画作品。第117話「ディンゴ」では、農薬によって突然変異を遂げたエキノコックスが農地の周辺住民へ寄生して地域単位で死に至らし、そこを訪れた主人公のブラック・ジャックにも寄生する。このエキノコックスは寄生経路こそ通常種と同様であるが、煮沸消毒が効かず、被寄生者の体内で強力な毒素を生成して死に至らしめるという設定になっている。

室内犬でも外で遊ばせていて、野ネズミをたべたら、感染するらしいわ。

「手指の洗浄励行」「汚染の恐れがある食物はよく洗い加熱する」ことで防げるそうだから、白石蔵王駅でキツネ駅長を触ったら、手を洗いましょうね。

もちろん、ゴロくんは感染してないだろうけど、動物を触った後は手洗いする習慣を付けましょうね~
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!