イノシシ用の罠に
ツキノワグマがかかっていたので
殺処分しようとしたら
罠のワイヤーが切れて
殺処分しようとして人間が
顔などをかまれて怪我をし、
クマは逃走しちゃったんだそうな。



15日午前9時ごろ、
島根県浜田市三隅町河内の雑木林で、
地元猟友会の男性(65)らが
わなにかかったツキノワグマを
殺処分しようとした際、
わなの金属製ワイヤが切れ、クマに襲われた。
男性と同行していた浜田市職員(59)、
島根県職員(57)の3人が
顔をかまれるなどしてけがをした。
いずれも命に別条はないという。

クマはそのまま山中に逃げ、
県や市などがパトロールをして
周辺住民に警戒を呼び掛けている。

島根県によると、クマは体長約150センチ。
男性がわなに近づいた際にクマが暴れ、
ワイヤが切れたとみられる。
16日朝からクマの捜索を再開し、
見つけ次第殺処分する方針。
ライブドアニュースより

馬之助の感想

ライブドアニュースには
ツキノワグマがかかっていたのは
イノシシ用の罠だったことは
書いてないけど
読売新聞によるとそのわなは
イノシシ用で、たまたまクマが
かかっていたのよ。

イノシシ用だからワイヤーが
クマ捕獲ほどの強度がなかったと思うし
クマの捕獲は大きな檻で
しているわよね。

ワイヤーだけでは絶対に無理だから。

猟友会の人は命に別条がなかったとはいえ
顔をクマに咬まれてかなりの
大怪我だとと思うわよ。

クマに顔を咬まれることを想像しただけで
気絶しそうになるわ。

朝からクマの捜索を再開し、
見つけ次第
殺処分する方針ということだけど
同じクマだという確証はなく、
別のクマが殺処分になる可能性もあり、
人を咬んだクマは
そのまま、逃げ続け、
また里に下りてきて人を
咬む可能性はあるので
怖ろしくて外を歩いてらんないわね。

今年は特に
イノシシとツキノワグマの被害が多く
すぐ隣に野生動物が生活しているってこと、
思い知った年だった・・・

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク