受刑者が育てたパピー6頭、盲導犬協会に引き渡し

島根県浜田市旭町丸原の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」でこのほど、受刑者が盲導犬候補の子犬(パピー)を育てるプログラムの第10期修了式があった。昨年3月から10カ月間、世話をしたラブラドルレトリバー6頭が日本盲導犬協会に引き渡された。6頭は隣接する同協会の訓練センターで盲導犬になるための訓練を受ける。

受刑者19人が6班に分かれ、生後5カ月だったパピーとそれぞれの個室で寝食を共にし、排せつや簡単な指示に従うトレーニングをしてきた。竹中樹センター長は「命を育むことの尊さなど、学んだことを社会復帰後の生活に生かしてほしい」と式辞を述べた。

その後、受刑者はパピーをなでたり、抱きしめたりして別れを惜しんだ。50代の受刑者は「小さな積み重ねで大きなことを完成できる喜びを学べた」と振り返り、40代の受刑者は「責任感と協調性の面で成長できた。最初はかまれて大変だったが、明日から寂しさが増しそう」と話した。

受刑者が育てたパピーは58頭となり、12頭が盲導犬として活躍している。毎日新聞より【竹内之浩】



馬之助の感想

受刑者が犬の訓練をする受刑者更生プログラムはアメリカの刑務所でやっているってのをテレビで見たことあるけど、日本でもこういうプログラムがあるって初めて知ったわ。

パピーの訓練をする受刑者は悪質犯でない人を選んでいるんでしょうね。サカキバラくんなら虐待しそうだからね・・・。パピーに対し愛情をもって世話できるってことは、まともな感情を持っているってことだから更生できるわね。犬って純粋だから相手が誰であろうが愛情を持ってくれるのよ。しっぽを振って懐いてくれるのよ。このパピーは盲導犬になるため厳しい訓練を受け、この先10年は、ひとのために尽くしてくれるのよ。受刑者も犬に負けないよう、しっかり人生やり直し頂戴。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク