スマトラトラ

大阪府岬町のみさき公園は10日、
国内最高齢のスマトラトラ「ラン」
(メス、20歳)が9日に死んだと発表した。
人間なら90~100歳に相当する大往生で、
多臓器不全とみられる。毎日新聞



ランは1997年8月20日に
上野動物園(東京都台東区)で生まれ、
2015年1月から
国内最高齢のスマトラトラに。

「気品があり、美しい」

と多くの来園者に親しまれてきたという。
今年10月からエサを食べる量が減り、
治療していた。

同園では31日まで
献花台を設置している。

同園は
「亡くなる前日まで
舎内を動き回ってほえており、
たくましいスマトラトラでした。
ラン、20年間お疲れ様でした」としている。
【井川加菜美】

馬之助の感想

このトラは
動物園で生まれたスマトラトラなのね。

生涯自然界を
知らないまま暮らしたことは
可哀そうだけど
途中で捕獲されて動物園に
入れられるより、
良かったかもしれないわ。

トラの一生はこの狭い檻の中が
普通なのだと思って
生きて来たでしょうからね。

動物はみんな、
食べれなくなったら自然と死ぬのよ。
しかも死ぬ直前まで普通に歩いて
死期が近いことを
周囲に悟らせない様にするのよね。

動物園の中しか知らない生涯だったけど
死に方は野生のように、
凛々しく死んでいったみたいね。

人間と大違いね。

人間は食べられなくなったら
点滴したりナニが何でも
死なせない方向にもっていくので
最近の人間は
頭がボケて、自分のことが
出来なくなっても100歳近くまで
生き続けるのよ。
世話するほうも世話されるほうも
誰も幸せでない、
誰も生きててほしいと思ってないのに
生きているという状態があちらこちらで
起こっているわ。

自然界の動物は潔いわね。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク