【7月7日 AFP】
見たら吐きそうになるかもしれない。
だが、タイのバンコク(Bangkok)で
菓子作りをするウィライワン・メグエンさんの元には
ある商品の注文が絶えない。
それは……「犬のふん」ゼリーだ。



「みんな大好きなのに、
誰もふんの形(の菓子)を作ろうとしない。
本当に不思議!」──

小さなキッチンでココナツミルクとゼラチン、
着色料をかき混ぜながら、ウィライワンさんは話す。

30歳のウィライワンさんは会社員だが、
このゼリーを生み出す以前から副業として
さまざまな型を使った菓子を作り続けてきた。

見た目にこだわった
ゼリーをつくろうと思ったきっかけは、
客から「ヘンな形」のゼリーを
リクエストされたことだという。

「犬のふん」ゼリーは
今やウィライワンさんの作る菓子の中で
一番人気の商品の一つ。
値段は1個1ドル(約110円)以下で、
1か月に約1000個も売り上げる。(c)AFP
以上AFPより

馬之助の感想

「みんな大好きなのに、
誰もふんの形(の菓子)を作ろうとしない。
本当に不思議!」──

と、タイ人の菓子作りをする
ウィライワン・メグエンさんは
思ったそうだけど
少なくとも日本人は
うんこの形を好きとは思わないけど・・・・

犬のふんのぜりーといっても
本物の犬のうんこのゼリーではないのよ。
当然だけど・・・
でもあまりにリアルで
お食事中の方はご注意されて。

まず型にいれて・・・・

犬のふんゼリーを作る

ここから先は閲覧注意

 

 

 

 

 

 

タイに人気の犬のふんゼリー

出来上がりはもっと閲覧注意

 

 

 

 

 

犬のふんゼリーその2

タイでは大人気なんですって。
日本では絶対にありえないヮ
ごめんあそばせ、お下品で。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク