国内最高齢のトラ死ぬ 24歳、人間なら百歳超

岡山市北区の池田動物園は14日、
国内最高齢だったベンガルトラの「ヒロ」
(オス、24歳)が死んだと発表した。
人間で言えば100歳を超える長寿だったという。



ヒロは1993年4月9日に同園で誕生。
同園によると、国内で飼育されている
156頭のトラの中で最高齢だった。

最近は足腰が弱っていたが、体調は安定。
同園は血液検査などで
健康状態を見守っていた。

今月12日朝から寝たきりとなり、
飼育員がエサを食べさせたり、
床ずれしないように
体の向きを変えたりしていたが、
13日午後9時に
死んでいるのが確認された。

同園の担当者は
「大往生だった。長い間、
ご苦労さまと言ってあげたい」。
同園では21日午前11時から、
お別れ会を予定している。(小川奈々)
朝日新聞デジタルより

馬之助の感想

ここは
天皇陛下のお姉さま池田厚子さんの
動物園よね。

このトラは池田動物園で
生まれたということだから
生涯一度も自由を経験することなく
狭い檻の中で暮らしたってことね。

外の世界を知らないということは
ある意味、幸せなことで
動物園での生活が全ての
トラだったんだわ。

ベンガルトラは絶滅危惧種だわよ。

年を取り、徐々に弱って
ついに寝たきりになって
死んでいくのは人間も同じだけど、
切ないわね。

死んだのが午後9時だから
朝、飼育員が来たら死んでいた、
というのではなく、
見守ってもらっていなのかしらね?
そうであってほしいわね。

池田動物園の担当者が
「大往生だった。長い間、
ご苦労さまと言ってあげたい」と
言ったのは心からの言葉でしょうね。
ご苦労さま、お疲れさま、
ありがとうッて、
あたしからも言うわ。
会ったことないトラだけど。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク