韓国でのことです。


飼い犬が突然いなくなった

殺された犬

自宅の庭に犬を放し飼いにしていたところ、犬がいなくなったそうです。いったいどこに行ったのか?

殺されていた

Aさんは18日、仁川延寿区玉蓮洞(ヨンスグ・オンニョンドン)の自宅の庭にベラを放し飼いにしていたところ、ベラがいなくなったことに気がついた。

その後Aさんは近所を回りながらベラを探し、タングンマーケットなどのコミュニティにもベラの行方を尋ねたが、反応がないため近所にビラを貼りまわったという。

近所の人々も一緒にベラを探したが、Aさんはベラがいなくなってから1週間後、ベラが屠殺されて健康強壮剤になったという事実を耳にした。

Aさんは「心から心配して一緒に探してくださって、感謝を伝えたい人々が多く、悲しい便りだが、もう一度助けを借りたいと思って投稿する」とし、ビラを見て自首者が現れたと明らかにした。

Aさんによると、自首者は健康強壮剤を贈り物として受け取った人の娘で、ベラがいなくなった当日、公園でベラを見つけたある老人が犬を連れていって知人に薬を作ってやると近所の専門店に連絡した。この店は屠殺場に連絡し、ベラは強壮剤になった。

Aさんは「強壮剤を本当に知人からもらったのか、本人が犯した行為なのに嘘をつくのかすべてのことが疑わしい」としながら「誰であろうが法的措置を取ろうと思う」と記した。

あわせて「13年を共にしたこの怖がり屋のベラが受けた苦痛と恐怖を考えると気が狂いそうだ」とし「再びこのような恐ろしいことが起こらないようにしなければならない」と付け加えた。

一方、韓国の現行動物保護法によると、動物を正当な理由なく残忍な方法で死に至らしめた場合、3年以下の懲役か3000万ウォン(約312万円)以下の罰金に処するようにしている。

感想

犬を食するお国柄ですからあり得ることなんでしょう。

ゴールデンは性格が穏やかで、今までに虐待された経験もないと思われるので、まさか殺されるとは思っておらず、どれほど恐ろしい思いをして死んでいったか・・。

10歳になるメスのゴールデンリトリバーだそうです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと









おすすめの記事