パンダシャンシャン

東京都立上野動物園で
6月に生まれたジャイアントパンダの
メスの赤ちゃんの名前が
シャンシャン(香香)に決まった。



応募総数32万2581通の中から
6人の選考委員が8点に絞り
都が最終決定した。
小池百合子知事が
25日午後2時から会見で発表した。
朝日新聞デジタルより

馬之助の感想

またもや中国名ね。
シャンシャンですって。
朝日新聞デジタルは報じないけど
この子パンダ、数年で
中国に返さなきゃならないんですってよ。

この子パンダの所有権は中国にあり
親パンダの
「リーリー」と「シンシン」は、
10年で1億円以上の
借り賃を払ってるらしいわよ。

パンダはワシントン条約で
絶滅危惧種に指定されているので
売買されることが禁止されているけど
貸し出すことはできるってことに
なっているのよ。

中国にしたら
ワシントン条約様様でしょうよ。

東京都は中国様から
パンダをお借りして
子どもが生まれたけど
その子パンダの所有権も中国だから
いずれは中国に返却になるってことよ。

子パンダにしたらいい迷惑よね。
飼育員から日本語で話しかけられるて
数年過ごし、
中国に返されて、急に
中国語でああしろ、こうしろと
指示されても
ちんぷんかんぷんだわよ。

中国語の指示に従えなかったら
虐待するのかしら?

以前中国でパンダを
虐待しているという
報道があったから・・・
そんな気がしただけよ~

パンダが中国にしかいないことが
超ムカつく。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク