14時間も過剰な交尾をするオーストラリアの有袋類アンテキヌス

(CNN) オーストラリアに生息する
ネズミのような姿の小型有袋類アンテキヌスが、
14時間も続く過剰な交尾のために
個体数が激減し、このほど同国政府によって
2種が絶滅危惧種に指定された。
CNNより



アンテキヌスは
毎年数週間続く繁殖期を迎えると、
オスとメスが入り乱れ、
次々と相手を変えながら、
できるだけ多くの相手と交尾する。

求愛行動はなく、
ただ交尾だけを続けるという。

研究者のアンドルー・ベーカー氏によると、
オスはこの行動で消耗し切って、
大抵は繁殖期が終わると
4~5日後に死んでしまう。

ベーカー氏が率いる研究チームは、
2012年以来、
アンテキヌスの新種5種を発見してきた。

ベーカー氏によれば、オス、メスともに
ストレスはたまるものの、
性ホルモンのテストストロンは
オスのみが生成する。

テストストロンが
常時高い濃度で分泌されると、
ストレスホルモンのコルチゾールが
抑制されない状態が続き、

やがてこのホルモンが
有害な濃度に達して
免疫不全を引き起こし、
内出血して死に至る。

アンテキヌスはオーストラリア北部と
東部の草原や樹木に生息しているが、
森林伐採で生息地が失われていることも、
絶滅危惧に拍車をかける。

アンテキヌスが必要とする
湿度が高く冷涼な環境は、
地球温暖化の影響も受けている。

絶滅危惧種に指定された2種については、
それぞれ
数百匹しか残っていない可能性もある
ベーカー氏は危惧する。

アンテキヌスを救うためには
気候が涼しいオーストラリア南部に
生息地を移す必要がある。

しかしどうすれば移すことができるのかは
まだ分からないとベーカー氏は話している。
CNNニュース

馬之助の感想

オスとメスが入り乱れ、
次々と相手を変えながら、
できるだけ多くの相手と交尾をするのは
種の保存のためで

その証拠に求愛行動はなく、
ただ交尾だけを続けるいう

究極の種の保存活動なのに

それほど
やってやってやりまくって

やりすぎて疲れきって
オスが死んでしまうほどやってるのに

絶滅の危機って
そんならどうしたらいいの?って
このネズミみたいな顔した
アンテキヌスは思うでしょうね。

性ホルモンが出すぎると
ストレスホルモンが止まらなくなり、
免疫不全を起こして死ぬのなら

適度に気に入った相手とだけ
やるように、アンテキヌスに
教えてあげたら?

年に数週間しか
繁殖期がないので
やってやってやりまくって
子孫を残そうとするんだろうけど
1日、せめて午前午後夜の3回程度に
するように
オスメスを隔離したらどうかしら?

過ぎたるは及ばざるが如し
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク