家に侵入したアライグマを火を使って追い出そうとして、家が焼けちゃった気の毒な人のおはなし。


アライグマ

8日午後11時45分ごろ、神奈川県厚木市愛甲の会社員男性(51)方の木造2階建て住宅から出火。約1時間後に消し止められたが、2階の一部が焼け、消火をしようとした男性が煙を吸い、救急搬送された。

厚木署によると、男性は「アライグマが家に入り込んだ。うるさいので、火を使って追い出そうとした」と話しているという。署が詳しい出火原因を調べている。

厚木市によると、2018年度はアライグマの目撃などの相談や連絡が約10件市に寄せられたという。市は捕獲許可の申請を受け付け、わなを貸し出すなどしている。市の担当者は「家の中で物音や鳴き声がする場合、アライグマやハクビシンということも考えられる。気づいたときは相談して下さい」と話している。
(資料画像=2017年11月に北海道稚内市で撮影されたアライグマ)

馬之助の感想

アライグマだけでなく、ハチの駆除で家が丸焼けになった事例はあるわよ。

ハチの駆除作業中長野の県宝「松田館」丸焼け

一般の家のハチ駆除で駆除業者が依頼人の家を丸焼けにしたこともあった。

今回は自分で火をつけて追い出そうとして家は焼けるし、煙を吸い、救急搬送されるわで、踏んだり蹴ったりよ。肝心のアライグマはとっくに逃げてしまっているでしょうね。

自分で火をつけた場合、火災保険は下りないじゃない?アライグマやハクビシンが屋根裏に入り込んで、糞尿で天井が腐ってきた家があるんですってね。これぞが害獣だわ。

アライグマはかわいい顔をしているのでペットんするバカがいるのよ。顔に似合わず気が荒いからペットには向かず、飼いきれなくなって捨てられたものが野生化して被害を出しているのよね。

ペットは犬か猫にして、終生お世話してあげてね~
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク