男性を襲ったホワイトタイガーリク

鹿児島市平川動物公園で飼育員の男性(40)がホワイトタイガーに襲われ死亡した事故で、鹿児島県警は9日、実況見分などを実施し、男性が同じおりの中に入った状況などを調べた。同動物公園によると事故があった8日は、頻繁に餌を取れない野生環境へ近づけるために食事を与えない、週に1度の「絶食日」だった。人を襲ったこととの関連は不明。 動物公園のマニュアルでは、飼育員は動物と同じ空間に入らないことになっている。襲われた男性はホワイトタイガーがいる同じおりの中で、首から血を流して倒れていた。(共同)



馬之助の感想

飼育員を襲ったホワイトタイガー「リク」は
その飼育員に育てられ、情報番組「スッキリでは
6年前にここのホワイトタイガーを取材していて、
その時はまだ幼い虎が飼育員に
じゃれついていたんですって。

野生のエルザでは野生に戻ってからも
こどもを連れて帰って来て
いつまでも育ててくれた人のことを
忘れなかったけど
週1度の「絶食日」で、お腹が空いて
野生の本能が勝ってしまったのかしら?

亡くなった飼育員さんのご遺族が
襲ったとみられるホワイトタイガー「リク」を
「平川動物公園で飼育してください」と
仰っているんですってね。

動物園側は今後も
殺処分せずに飼育を続けるそうよ。

亡くなられて本当にお気の毒だけど
「同じ空間に人と猛獣が入らないようにする」

のは、動物を飼育する基本だと思うのよ。
なんだかの事情で中にはいってしまったのか
鍵があいてたのか、わからないけど
人間のミスよね。

もしかしたら、こどもの頃から
懐いていたので猛獣なんだけど信頼していて、
この悲劇が起こったのかもしれないわね。

絶食日だから襲ったのであれば
今まで育ててもらっても
エサとしか見ていなかったってことね・・・

悲しいことだわ。

猛獣はどんなにかわいがって育てても
ある一定期間が過ぎたら
特にオスは野性に目覚めたら
同じ空間にいることはできなくなるのよね。

どこの動物園でもそれは基本の規則だと思う。

亡くなられた飼育員さんも
ホワイトタイガーのリクも
ご遺族も、みんなが不幸な事故だったわ。

「りく」が天寿を全うできるまで
この動物園で暮らすことが
亡くなった飼育員さんの供養になると思う。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク