登山道の山小屋で働く70代男性クマに襲われるも撃退

埼玉県秩父市の雲取山に向かう登山道で
71歳の男性がクマに襲われましたが、
格闘の末にクマを撃退しました。男性は山小屋の従業員で、
両腕を引っかかれて軽傷です。
テレ朝ニュースより



13日午前9時半ごろ、雲取山へ向かう登山道で
71歳の男性が木の上にいる子グマを見掛けたところ、
木の下には母グマとみられるクマがいて突然、襲われました。
警察によりますと、男性は手に持っていたストックなどで応戦し、
クマは山の斜面に落ちました。
ところが、クマが斜面を登ってきたため、
男性は再び格闘して斜面に落として追い払ったということです。
男性は両腕を爪で引っかかれ、
自力で下山して病院で手当てを受けました。
男性は登山道にある山小屋で働いていて、
小屋に向かう途中でした。

警察はクマが出たことを受けて、登山客に注意を呼び掛けています。
テレ朝ニュースより

馬之助の感想

このニュースをしっかり読む前に思ったのは
なんて元気な爺さんなんだろうってこと。

登山姿の高齢者が電車に乗っていたり、
集団で駅に集まっていたりしたら
結構なご身分よね!と焼きもちもあって
ちょっとウザいと思うんだけど

クマと格闘した71歳の男性は
登山道にある山小屋で働いている人で、
小屋に向かう途中だったというのだから
レジャーで登山していたのではないのよ。

そう思うと急にこの71歳の男性、
立派に思えてきたわ。

クマと格闘して山の斜面に突き落とし、
クマがよじ登ってきたら再び格闘して
斜面に落として追い払っうって、すごいことよ。

でもクマにしたら里に降りて行ったら殺されるし
普通に山で暮らしていたら人が登って来て突き落とされるし、
住むところがなくなっちゃたわね。

子熊の後ろには必ず親グマがいて
親グマは子供を守る為必死だったはず。

山の斜面に突き落とされても
また登って来てるわよね?
子熊と無事、暮らしていてほしいわ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク
可哀そうだけど美味しい・・・