ケニア東部ガリッサの
イシャクビニ・ヒロラ保護地域で6月、
珍しい白いキリンの母子の姿が確認された。

同保護地域を管理するNGO団体
「ヒロラ保護プログラム
(Hirola Conservation Programme)」は8月、
YouTubeに映像を公開、確認を報告していた。



団体の報告によると6月上旬、
レンジャーから“保護地域の近くに暮らす村人が、
白いキリンの母子を目撃した”という情報がもたらされ、
現場へ急行。白いキリンの母子を確認した。

白いキリン

キリンの母子はアミメキリンで、
団体は専門家の見解として、
先天的にメラニン色素がない「アルビノ」ではなく、
突然変異によりメラニン色素が減少する
「白変種(Leucism)」と報告している。

特に母親の網目模様が褪色しており、
子より色が薄くなっていた。

白いキリンが確認されたのはこれまでに2例あり、
初確認は2016年1月に
タンザニアのタランギーレ国立公園で。
2例目は2016年3月に今回と同じ
イシャクビニ・ヒロラ保護地域で確認されている。

なお、白いキリンが
映像に収められるのは初めてのことだ。
(ケニア、ガリッサ、2017年9月14日配信
映像:Hirola Conservation/Caters News/AFLO)
画像はyoutubeより

馬之助の感想

白いキリン

ここまで真っ白なキリンは初めて見たわ。

白いキリンのオモ。このほど、タンザニアのタランギレ国立公園で群れの一員として暮らしているのが確認された。(PHOTOGRAPHED BY DEREK LEE, CATERS NEWS)

タンザニアのタランギレ国立公園のキリンは
うっすらと網目模様が残っているわよ。
ケニア東部ガリッサの白キリンは真白だわ。
保護区域だからとはいえ
おとなになるまで
生き残ることが出来た上に
子作りをしようと思う
偏見のない雄キリンと
巡り合えたことも奇跡だわ。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク