ベテラン警察犬お手柄

猛暑の中、
宮城県富谷市内で行方不明になった
同市の小学6年女児を発見した
警察犬松本訓練所(大崎市)の
警察犬リート(雄、11歳)に2日、
大和署が感謝状を贈った。


大和署によると、
7月3日午前11時45分ごろ、
学校に行くと言ったまま
女児の行方が分からないと家族が通報。
同署が訓練所に協力を要請し、
訓練士の松本章さん(41)と
リートが女児の自宅周辺を捜索した。

同日午後3時45分ごろ
リートが女児を見つけ、
無事保護した。

当日の最高気温は仙台で33.9度で、
日中の路面温度は50度以上。

警察犬にとっても過酷な暑さで、
リートの活動は5分が限度だったが、
活動歴約10年というベテランの嗅覚を生かし、
2回目の捜索で発見した。

「物覚えがよく、素直」(松本さん)というリート。

落ち着き払った様子で表彰を受け、
砂町朗署長から
功績をたたえられた。

馬之助の感想

「物覚えがよく、素直」ってのが
優秀な警察犬の条件ね~
あたしは素直だけど
物覚えが悪いものだから
世の中のお役に立つことなく
年を取ってしまったわ。

猛暑の中無事、こどもが戻って来て
よかったわね~
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク