頭に矢の刺さった鳥

宮城県石巻市の北上運河で、
頭に矢のようなものが刺さった
ユリカモメが見つかった。
県警石巻署は
鳥獣保護法違反の疑いもあるとみて
調べている。



このユリカモメは、
国の重要文化財
「石井閘門(こうもん)」近くの運河におり、
近所の住民が3月28日に署に通報した。

頭の左側に、
紙を丸めて先をとがらせた
長さ10センチほどの矢のようなものが
刺さっていた。

周辺には先端がテープで巻かれて
補強された同じ形状のものが
複数落ちていた。
吹き矢として使われたとみられる。

県東部地方振興事務所(石巻市)によると、
このユリカモメは飛び回っており、
衰弱している様子はうかがえないという。
矢のようなものを取ることも検討したが、
捕獲時に頭の傷が深まる可能性があり、
様子を見ているという。

馬之助の感想

当たり前の感想だけど
なんでこんなひどいことを
するのかしら?
吹き矢の命中率がすごいので
驚きで
人に向かってもやりかねないわね
この犯人。

吹き矢を吹いた犯人が
肥溜めに落ちて
ウンコを吸い込んで
おぼれて死にますように。

にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク