秋田県能代市二ツ井町の中心部を流れる
米代川で17日、アザラシ1頭が見つかった。


同市二ツ井地域局によると、
発見されたのは同日午前9時過ぎ。
県鳥獣保護委員が
野鳥観察のため巡回していた際、
二ツ井町商工会の裏手を流れる
米代川の岩場でアザラシを見つけ、
同局に連絡した。

アザラシの体は白っぽく、
岩場で寝そべってのんびり。

秋田県にアザラシ

人の気配に敏感に反応するが、
怖がる様子はない。
現場は住民らでにぎわい、
「なぜこんな所に」
と珍客に驚いた様子。

なかには「ヨネちゃーん」と声をかけ、
写真を撮る姿も見られた。

同県男鹿市の男鹿水族館GAOによると、
1歳以上のゴマフアザラシとみられる。

担当者は

「北海道沖などに生息し、
春の繁殖期以外は回遊する。
何らかの理由で迷い込んだのではないか」

と話している。
また県自然保護課の担当者は
「エサを与えたりせずに
見守ってほしい」
と注意を呼びかけている。【田村彦志、川口峻】
毎日新聞より

馬之助の感想

アザラシ、アシカ、オットセイの類は
犬みたいな顔してて,
かわいいのよね~

アザラシ

米代川に現れたので
「ヨネちゃーん」なのね~

人を見ても怖がらないのは
人間と遭遇した経験がない
からでしょうね。

このアザラシは群れとはぐれても
慌てないのね。

アザラシの中にも嫌な奴がいて
そいつと行動を共にするくらいなら
単独行動のほうが気楽なのかも。

のんびり昼寝をしていて
アザラシがうらやましい・・・

こういう精神状態であたしも、
生きていきたい。
にほんブログ村 ひとりごと
人気ブログランキングへ
楽天リンク