昨年12月に故ブッシュ元大統領に寄り添った介助犬について書いたわ。

故ブッシュ元大統領に寄り添った介助犬、最後の旅に同行へ

新しい任務に就いたそうよ。


元アメリカ大統領ブッシュパパに寄り添う介助犬「サリー」

(CNN) 故ジョージ・H・W・ブッシュ元米大統領に最後まで寄り添った介助犬「サリー・H・W・ブッシュ」が27日、首都ワシントン郊外にある海軍病院で新しい任務に就いた。

新しい赴任先のウォルター・リード国軍医療センターで同日行われた着任式の様子はフェイスブックで生中継され、サリーは海軍2等衛生兵に任命された。海軍報道官の式辞に続き、サリーは新しい制服となる同病院のドッグチームおそろいのベストを着せてもらった。

サリーのため特別に用意された入隊の誓いは、「あなたは海軍病院の衛生兵として、兵士とその家族、現役兵、退役兵を支え、慰め、癒やすことを誓いますか」などと問いかける内容だった。同病院では患者やスタッフのストレス軽減や健康増進を助ける役割を担う。

サリーはかつて妻を亡くしたブッシュ元大統領のために派遣された介助犬で、昨年元大統領が死去した際は、棺に寄り添う姿が人々の心をとらえた。

訓練を手がけた慈善団体によると、サリーは電話に応答したり、電気を付けたり消したりといった手伝いができる。「元大統領がドアを開けるのを手伝い、どんな時に人の助けが要るかも分かっていた。ブッシュ元大統領を慰める必要があると判断すれば、自分の頭を元大統領のひざの上に置いていた」と慈善団体の担当者は振り返る。

ウォルター・リード病院の介助犬たちは、合計で月間200時間以上働き、平均2500回の触れ合いを行っているという。

馬之助の感想

ブロッコリーが大嫌いなパパブッシュに仕えた介助犬ね。話は逸れるけど、パパブッシュのブロッコリ―嫌いはもはや伝説レベルだそうで、ブロッコリ―を食べるくらいなら不整脈が再発した方がマシとおっしゃってたそうよ。

ブロッコリーは免疫を高め、健康にいいし、それに何よりおいしんだけど、94歳まで長生きが出来たのだから好きなものを食べた方が精神衛生にいいってことかもね。

介助犬サリーはきっと今後も、兵士とその家族、現役兵、退役兵を支え、慰め、癒やし続けると思うわ。犬ほど、人に寄り添い、優しくて従順な生き物はないのよ。これを食べる国民がいるのだから只々軽蔑だわ。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ひとりごと
馬之助の災い転じて福となすか・・?
馬之助の人間万事塞翁が馬よ!
楽天リンク